車買取査定の交渉で遠慮はNG

車買取査定の交渉で遠慮はNG

買取業者相手に遠慮は不要

せっかく査定してもらったから、と相手に遠慮してその場で売却してしまう人も多いが、買取価格に納得できなかった場合は売却する必要はない。一括査定サービスを利用した場合は複数社の回答を待って返事することが大切。

 

買取業者は他にも査定しているところがあるか、いつなら決心がつくか、と押してくることが考えられるが、相手に遠慮することなく自分の気持ちをいうこと。他社の査定がある場合は「○○で査定してもらう予定」という必要はなく、「他にも複数社査定してもらうので」と曖昧な回答で構わない。

交渉では事前準備が大切

車の買取査定は交渉であるため、事前に有利となる材料を準備しておく必要がある。一つはメンテナンスの記録簿。定期的に愛車の点検を行ってきたことはプラスのポイント、オイル交換など記録簿に記載しないことでもメンテナンス内容を記載した領収書などがあれば準備しておくこと。

 

もう一つはカーナビやETC車載器などの取扱い説明書。次のオーナーが気持ちよく使えるようにきれいな状態で保存された説明書があるととても良い。査定はボディや内装の状態が大切なので絶対にプラスになるとは言えないが、査定前に洗車や車内の清掃をしておくことは業者に気持ちよく査定をしてもらえるのでプラスとなるときもある。

ホーム